Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

レンジ相場


気が早いですが、ハロウィン仕様で。




【ロンドン市場】ユーロ売り、EUサミット終えて調整の動き | 為替市場レビュー | Klugクルーク - FX投資家向けの為替ニュース・相場コラム・経済指標カレンダー

IMFも特に目新しいトピックもなかったですしね・・
中国が失礼な国家というのを皆に見せびらかしたというのと
IMFに多額にお金を貢ぐ代わりに「日本は復興した」と言ってもらったというぐらいで。

今週も特に目新しいトピックがなくて、分析もしなかったんですが
来月の中国の共産党大会と米国の選挙が終わるまで、ずっとレンジ相場=同じところを行ったり来たりではないかと思います。

米国はオバマ優勢と言われてるので、オバマの経済政策がうまくいってるように見せかける→雇用統計数字操作→リスクオン(リスクを取る動き優勢)→米国株上がる(ユーロとかその他危険な国の通貨が買われる)

というのが市場の見方ではないでしょうか。

オバマ当選→指標の数字操作してました(あとでコッソリ出してくる)→リスクオフ→ドル円が下がるだけ下がって底をつける→どこでドルを買うか考える

という道筋?

後ほど、暦と易の要素でも検証をしてみます。

広告を非表示にする