Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

年末までのユーロの動き

 ◎ドルはどうなるのん?
ドル=FRBの動きと捉えると、最悪なのは来月6日まで。そこから9月、10月と立ち直り、12月まではなんとか。
となると、QE3(金融緩和)は行われないのではないか、と思います。
バーナンキさん、優柔不断だから、匂わすのはうまいんですよね・・・。

◎じゃ、円はどうよ?
 普通、財務大臣とかの運気で見たりするんですが、我が日本は財務大臣が無の(ry なので、野田さんで考えると
9月に野党から集中砲火、10月には政権交代してるかも・・ で、政変を嫌う外国の方々からすると、円安に傾きそうなんですが、なにぶん日本は首相変わりまくりなので 

「ユーロや中国のほうが大変だYO!」 という状況であると、スルーされる可能性も無きにしもあらず。

◎で、肝心のユーロは??

ギリシャを取り巻く環境が9,10月とより悪化、11月に炎上 12月はもっとひどい。1月にはやっと光が見える。

スペインは9月に下がって、九死に一生 11月から好転

メルケルさん(ドイツ)は9,10月と結構派手な作戦に出て、11月12月には状況が好転、なんとか切り抜ける。

ECBとしては年末まで頑張るんでしょうけど、ちょっとデクノボウというか、昼行灯というか。

フランスは毎度のことながら、勝ち馬に乗る体質なので*1メルケルさんのいうことをちょっと遅れて「はいはい」

ということで、うーん、あまりにもギリシャがひどい状況みたいなので、
メルケルさんによって、戦力外通告される可能性が高いみたいですねぇ・・・

*1:歴史が証明するようにフランスが率先して勝つことはない