Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

方位怖い


なぜかトイレに籠城、グリグリちゃん。

 ここ、2〜3年痛感してきたことがあって、「運気の悪いヒトは最も悪い選択をする」。
友人から「知り合いがどうも加齢のせいか他人の言うことを聞かない、何とかしたって」という話があり、
その当人からも「◯月◯日に大人数で神社参りツアーに行こうと思うんだけど」という相談を受けたので、方角をカレンダーで確認したら、行きも帰りもあり得ないぐらい悪い方角をピンポイントで選んでおり、

 今からでも遅くないよ。これ頭下げてごめん中止って言うたほうが・・・これヘタしたらツアー後に脳卒中のヒトとか出てくるかも。神社なんて「気」が強いとこなんだから余計にヤバいですよ。

土下座するレベルで注意したものの、当人自信があるのか全く聞く耳をもたず。
まあ、方位言うてもなー本当にそこまでのことが起こるのかねぇ・・とか思ってたら、本当に一ヶ月内に脳梗塞のヒトが何人か出たそうで、方位の冷徹さに冷や汗かきました。

 それもあったもんですから、先日結婚式の日程を決めに来られた方に 「来賓の方々はどの方角から主に来られますか?」とか何回も確認取ってしまいました。結婚式というのも大きい気が動きますから、そのときにえらい方角なんざ取った日にゃあ・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。しかも、ゆっくり徐々に気が動いたりしますから「被害にあった来賓」は気が付かなかったりするわけで・・幸せな結婚式で来賓が不幸になっていくとか恐ろし過ぎる。

 運気の悪いヒトというのは得てして、変に自分に自信があるものですから、他人の言うことに耳を傾ける余裕などなくなっており、そこがまた恐怖の連鎖を生んでるんではないかと。運が悪くなってきたと思ったら、他人の意見を聞くというのもひとつの脱出方法ですね。あ、でも最終判断や責任は自分で取るというのは前提条件で。
易者自身が運が悪いと医者が病気するようなもんなんで、こういう怖い事例を見せられると「他山の石 他山の石」って唱えてしまいます。本当、気をつけよう。

広告を非表示にする