読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

人生で一番大事なのは退却の勇気


 実は占い業よりもトレードが私の主たる収入なのですが、
トレードと鑑定をしていて気がついたこと。

 人生で一番大事なのは損切りなのでは???


ということです。

 物を増やしたり、利益を出すということは勉強したり、お金を出すといった真っ直ぐのベクトル上のことなので、実は簡単なことなのです。もちろん普通ではない努力も必要ですが。

 損切りというのは、自分がこれだ!と思って買ったものの価値がどんどん下がっていってコレ以上被害が出ないようにすることです。自分が間違っているということを自分で認めるのはツライし、何より退却するということで敗北することを認めることになります。
 また、どんどん損が出ている状況をぼんやり見つめてしまうことで損が膨らみがちです。
すぐに退却、そして方向転換の難しさ。
利益を出すことよりもはるかに難しいです。

ですが!!!

これをやらなければ、いわゆる 「コツコツドカーン」コツコツ利益を上げていったのをドカーンと損してなくすことになってしまいます。

トレードをやってらっしゃらない方にはたとえが分かりにくいと思いますので
人間関係に例えてみると

 明らかに自分に損害を与える友人や DVをするパートナー、これから逃げるのは本当に難しいと思うのです。


ひょっとしたら偶然かもしれない
いや、昨日は優しくしてくれたじゃない

こんな疑念や、その人を選んだ自分への自己正当化が逃げることを=損切りをだらだらと遅らせてしまいます。

こういう状況を防ぐためには

「ストップ」を作るということです。
ストップというのは、投資用語で
ここまで来たら損を切りますよ というラインなのです。
ここまで来たら、もう利益を生み出すラインに戻ることはしばらくムリ、ここで 損をしてでもリセットして、もう一度作戦を練り直そうことです。

例えば 人間関係であれば
三回自分に対して損害を与えたら、警告を本人に与えて距離をおいてもらうようにする とか
暴力を振るわれたら すかさず 損切りとか

そういうルールを自分の中に作るのです。

ルールは

◎具体的に 時間軸(いついつまでに when) こういう損害(what) というように作ります。

でなければ、ゴミだらけの部屋でパートナーに殴られる日々になったりするわけです。
そう、断捨離も損切りと同じですね。

これはまだ使えるからおいておこう とか
コレは使わないけど いつか使うかも というのは

それを置いてある体積分の家賃を毎日無駄遣いしているということです。
日にちを決めて掃除をしたり、ものを捨てる習慣=ストップを作る をつけたほうがいいように思います。

かくいう私も損切りが出来るようになって やっとなんとかトレードがうまくなりつつあります。
部屋掃除の損切りはなかなか難しいのですけども・・・。