Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

WBC準決勝

WBC“誤審”のウラ
いやあ、こんなこと書かれて、恥ずかしくないんですかねぇ。世界の「ジャイアン」ぶりを遺憾なく発揮した次第。
メキシコ戦の疑惑の二塁打にはポカーン。ルール変わっちゃったかと思いましたもん。だけど、お国柄ですよねぇ。疑惑の判定されて、キレたように頑張るメキシコと、さよなら負けしちゃった日本。時差ボケがあるにせよ、日本は「穏やかなアメリカにいいなりの国」っぷりを露呈した感じ。
ありがとうメキシコさん。
阪神ファンのワタシとしては、藤川のショックが大変心配ですよ。帰ってきてからの実戦に影響しないかな。久保田頑張ってくれー。

と、ダラダラ書きながら、データを出し切ったところで
睡魔に襲われ、ただいま、12時過ぎ。ひぇー。もう始まってるがな。

いそいで本日の日韓戦書きますよ。

午の刻(11時−13時)
 疑惑の審判が活躍するのはこの時刻。そう、あの審判、この日韓戦担当らしいですよねぇ(昨日の情報)間違いなく韓国よりのジャッジを出すでしょう。ですが、言っても、前半戦に起こるのでメキシコのように後半挽回可能。
 王さん自身も13時までは、「ワタシの思っていたベースボールというのは何だったのか?」と、ちょっとブルーな感じ。お顔も険しそう。もう捨てるものは何もない、頑張れ王さん。先日の怒りを力に変えるんだ!

未の刻(13時-15時
 今までの作戦は捨てて、「新しいやり方」を打ち出せば、勝てます。例えば、抑えを藤川から誰かに替えるとか。王さん得意の「打線のつなぎ」を意識すれば、打線は爆発。

試合流れから考えると
 疑惑ジャッジ→韓国先取点(なければええけど)→日本挽回(できるか?)→危なげないが抑えの投手をバンバン投入。
が勝利の方程式ですね。

投票する!

広告を非表示にする