Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

1/16以降の日本の状況

これが分かりやすいかと。
http://livedoor-taiho.seesaa.net/
会計基準とか勉強してる人には興味深いと思います。

1/16検察が入った日の状況

 いやあ、ホリエモン逮捕されちゃいましたねぇ。
1/16の彼の状況を見ますと、内部告発で事実が明るみにされる。とあります。外資にハメられたのかな?と思い、確認しますと、「国内」ということでした。
多分、検察の人間がしばらく前から潜入して、調査してたのでしょうね。

で、1/16 16時を暦(占いの暦では節分まで酉年)で見ますと

地支が、金の三合+申(酉年丑月巳の日)、天干は木(甲乙)で占められていました。
すごいですね。金のことが話題になってる日にロイヤルストレートフラッシュ並の「金」の揃いっぷり。
この日は「お金と人間の関わり」「人間としての生き方」を考える日ということだったのでしょう。

ホリエモンというのはどういう人なのか
ホリエモンの命式を見てみますと

周りから引き立てられて呼ばれるまで、目立つことはしないほうがよい。
水が多いということから、頭がよく、柔軟性がある。
悪い意味での稚拙な「競争心」が高い。
財は着実に地に足をつけて築き上げたほうがよい。
空気が読めず、他人の気持ちを考えることができない。

彼は自分の才能の生かし方を間違ってしまった、ということですね。

33歳から彼は新しい人生の周期(大運といいます)に入ります。
彼に足りない「木」=「気」の周期がやってきます。
この十年間、彼は人間の機微というものを学習することでしょう。

拘置所の規則正しい生活で、健康になるでしょうし、頭もスッキリするでしょう。肥満している人というのは、考え方も「肥満」ですから、「楽して〜する」という考え方もダイエット出来るに違いありません。

これからの動向
乾為天
昇り過ぎた竜をあらわします。昇り過ぎた竜はもう降りるしかないのです。バブルの終焉です。

株式市場はこれまで、ものすごい高騰を続けてきました。
ホリエモンの煽りなどで、個人投資家が考えも無く軽率に投資をして、市場はどんどん膨らんでいきました。

これからは、皆、慎重に物事を考え、株価も「あるべき位置」に戻るでしょう。

投票する!