Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

片付けと運気

news.livedoor.com

一ヶ月ほど古い話ですが。

こんまりさんが Netflixで売れまくってるそうで。

アメリカはクリスマスセールのイメージが強く、なんでも買いまくるイメージがあるので

 

「え・・そのアメリカで 断捨離 流行ってるんや!すごいな」

 

という感想しか出ません。

 

アメリカって ちょっと減税したり経済政策したりするとバーンって効いて簡単に数字が上がっていく感じなのですが、これから変わっていくんですかね・・・

日本は経済政策しても みんなビビりまくって貯蓄に回しちゃうから経済が止まってしまうというのに・・・

それはそうと、最近の鑑定は手相と人相でほとんど済んでしまうことが多く、
今の運気はー?
とか聞かれると 右の(男性は左)中指の根元を見るわけです。
中指の根元は運気が入ってくるところで ここからいい運気が入ってきます。

この色がクリア(白い色。赤い色は血が溜まってるので良くない)であるとこれから運気がよくなりますよ ということになります。

実はこの中指の根元、自分の部屋の状態をも表します。部屋が片付いていないと荒れた色になります。

つまり・・・
部屋が汚いと いい運気が入ってくるすきがない

単純に当たり前なんですけどね
部屋が汚いと 必要なものが見つからないから 無駄遣いすることになる。
かくいう自分も 家に猫さんが来る前は部屋が汚く、掃除したらハサミだけで10個以上出てきて 

「なんやこれ 無駄遣いしすぎやん?ハサミ屋さんにでもなるつもり?」

ゲンナリしたことがあります。

本格的に片付けができるようになったのは
速読を習得したあとです。

 物事の整理とかが出来るようになり、必要なものをまとめたり 必要な場所に置けるようになったからなのです。

脳への情報の入力と出力が出来れば 処理能力が上がりますから、運気が上がるのも当たり前です。

説得力ある。

なるほど、アメリカの作家さんは片付け嫌いをオープンにすることにより、自分の運気の低下をアピールしたわけですよ。そりゃ炎上もしますね。

さて、タマさんが走り回ったあとを片付けるか・・・
(朝起きると北斗の拳の世界みたいになってる)