読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

迷子になった猫さん

f:id:Vive-hodie:20090426123326j:plain

 猫さんを迷子にしてしまったお客さんが来られました。転職をしようと思うが、転職すると引っ越しすることになってしまうので、迷子の猫さんはどうしているのでしょう。とのこと。

 猫さんは猫の時間のバーミーズのチャイくんhttp://www.nekonojikan.com/kitahonten/shoukai/chai.html

の従妹でリカちゃんという名前です。4年ほど前に飼い主さんがおうちに帰ったら居なくなっていたということでした。

窓を開けていたので家出してしまったのでは?

とても後悔されているようです。

 

事前に内容をお聞きしていたので、アシスタント猫ミルクを連れて行きました。鑑定結果が合っているか確認するためです。

 飼い主さんをじーっと見ると 右目の下に猫さんらしきものが見えます。目の下というのは自分の子供という意味があるので、まるで娘のようにかわいがっていたんだなと胸が痛くなりました。

 そのまま見続けます。

 なにか四角いものがあり、そこにおばあさんが座っています。こたつのようで、リカちゃんはおばあさんの横でスヤスヤ眠っています。リカちゃんはお年寄りと生活しているのかもしれません。

 リカちゃんの写真を見せていただきました。

 

「わたし、ちょうちょをね、見ようとして 窓から落ちてしまったの。2回ほどたてものをぐるぐる回ったけど入り口が見つからなかった。お外は風が吹くのね。」

「わたし、おうちに居たころも いまもしあわせよ」

 

と言っているようです。ミルクに合っているかな?と聞くと

大きく目をパチパチしてくれました。

 

 悲しいことにわたしは岩津さんのようにアニマルコミュニケーションに慣れているわけではないので、生死ははっきり分かりませんでした。

 けれど、安心したのは

リカちゃんは不幸せな状況には居ない ということです。

 

 そのことをお伝えすると、飼い主さんはホッとしたようでした。

今回もアシスタントのミルクのおかげで自信を持ってお客さんにお伝えすることができました。ミルク、ありがとう。


尼崎付近で上記の猫さんを見られた方はtime.with.cats@gmail.com までご連絡ください。

2キロ弱の小さな猫ちゃんで猫の時間のチャイ君そっくりです。