読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

言いづらいことを伝えること

占い 顔相

 

f:id:Vive-hodie:20150626211326j:plain

いつ撮っても男前、歌舞伎顔のルーニー君。

 一年前、広島からお客さんがお見えになりました。こだわりの珈琲店をされているということ。おみやげにいただいた豆はとてもいい香りがします。

 が、よくよく見ると 額のところにすっと赤い線が走っています。 ああ・・これはお店を畳む相談だなと思いました。

 易をたてて見ると、天山遯、「余力があるうちに逃げましょう」という卦です。

一生懸命メモしてくださっている姿を見て、

 「ああ・・・こんなツラいこととても言いづらい・・・ けど易の神さんが言うてはるんやから言わないといけない、困ったなーどうしようかなー」

 と10秒ぐらい悩んだのですが、口が勝手に

「今なら閉めても大丈夫、その後のお金の処理は云々~」

と説明していました。

 

 意外とスッキリした顔でお客さんは帰って行かれました。ちょっとホッとしました。

 

 先日、一年ぶりにそのお客さんが鑑定にお越しになりました。

お顔を拝見すると、毒が抜けていい感じになっており、額から光が出ているのではないかというぐらい素晴らしい感じで、一瞬誰か分からないほどでした。

 お話をお伺いすると、お店をたたんで、田舎に引っ越し、通販で豆を売ってるんだけどなんか今いい感じで、協力者も出てきて今「コーヒーの学校」をしようと思っている。とのこと

!!!

 昨年出した卦を思い出しました。

天山遯の2爻!

天山遯(逃げるが勝ち)→天火同人(協力者が現れる、日中の太陽のような状態)

 

  口が勝手に言いました。

「それは心に決めておられることなので、学校をするかしないかというのを占うわけじゃありませんよね」

 あの顔相ならきっとどなたとでもうまくやっていけるし、これからどう考えてもいい未来です。

 ああ あのとき言うの辛かったけど、出た卦をそのままお伝えして本当に良かったなあ。と思えた出来事でした。