Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

占いをどう使うか





 黒い猫さんは撮るのが難しい…
チャイ君@天満店



天満店も来月で10周年!10年かー。
その間に猫さんたちの世代交代も進み、女子中心の大奥であった猫の時間もいまや、男子中心に!!
メインクーンが多かったのに、いまや 「アメショーの時間」に。
感慨深いです。










 先日、この土用の最中に、神戸から新大阪に車で向かっていたのです。
その日の「凶方」であるということは朝に暦を見て確認済み。

 何かあったらイヤだなあー
注意深く運転しよう。

阪神高速は微妙に混雑しており、前を大きいトラック、後ろを警察の車が走っていました。

 もう、イヤだなあー
警察の車ってどうしてこんな感じで煽ってくるのかしらん。

思っていた矢先、
前の車がコーナーを回りきれずに高速の壁をこすって突然止まり、

うああああ!

自分の車は衝突安全機能のおかげでちゃんと止まりました。
わー。凶方だと思って、車間距離取っててよかったー。

後ろの警察の車は車間距離は詰めていたものの、さすが警察、キッチリ止まりました。


「悪い」方角に行かないといけないときも、こんな感じで「注意して」いけば何とかなるもんです。

鑑定でお客さんに

「運が良くない」と告げるのは非常に勇気のいることで
あれこれ考えたりするのですが

こういう感じで

「今は運気は悪いけれど、注意すれば 大難が中難に 中難が小難になるよ」

とお伝えすればいいのかなー と思いましたです。

広告を非表示にする