Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

米国大統領選挙について

 

チビッコ達のお母さんのミントちゃん。温厚なお母さんです。グリグリちゃんの妹さんでもあります。



トップ君@きた本店

ちょっと気が早いかもしれませんが、米国大統領選挙について。
スケジュールがわからなかったので
wikiからコピペ。


2012年
1月3日:アイオワ州共和党党員集会。共和党の予備選挙がスタート。
3月6日:スーパー・チューズデー。11州の予備選が集中。
8月27日〜30日:共和党全国大会(タンパ)
9月3日〜6日:民主党全国大会(シャーロット)[2]
11月6日:一般有権者による投票及び開票
12月17日:大統領選挙人による投票
2013年 [編集]
1月6日:大統領選挙人による投票を開票。大統領および副大統領当選者が正式決定。
1月20日:大統領就任式


まず、11月6日について。
開票が日本時間11月7日と仮定。

これがまた日付が難しい時期でありまして、
11月7日は午前9時26分で 暦上の11月に切り替わるということで、
この開票結果発表が何時になるのかがポイントなんですよね・・・・

2パターンに分けて分析を進めてみます。

1 11月7日の午前9時26分よりも前に開票結果が出た場合

ロムニーさん
 ロムニーさんの支持基盤の年配保守層はロムニーさんの「饒舌ぶり」に残念な気持ちをもっているようです。
そして、当日の本人も何か失言しそうな予感・・・

オバマさん
 オバマさんの支持基盤は若い人々、女性層。ですが、どうも気持ちが変わりつつあるようです。
あと、オバマ陣営の金銭面もちょっと厳しいかな・・・

オバマさん本人はいろいろ思い悩むことがありますが、調子はまあまあってとこですね。

結論
 1のパターンだと 天道がロムニーさんに入ってることを加味すると五分五分。

2 11月7日午前9時26分以降の開票結果の場合

ロムニーさん

どうもロムニー陣営で揉め事が起こりそう。変革を求めたいロムニーさんと保守で行きたい周囲のズレ。
本人の調子はよくない

オバマさん

オバマ陣営では金銭面がつらそう。
支持者はセレブとか若い人が多いけど、選挙に行くかどうか…

本人は孤独を感じることもあるけど、調子はなんとか。

結論
 2のパターンだとオバマさんの勝ち。


市場では完全にオバマ勝利という空気なんですが、当日考えるとかなり五分五分の勝負になりそう。
五分五分ということで、開票が遅れると オバマさん勝利。

先日分析した雇用統計の結果を加味していくと、なんとかオバマさん勝利でしょうか。

選挙後にガッツリ為替が動くことを考えると
米国大統領選挙後の為替動向 ということも記事にしなければなりませんね。