Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

スペインの危機


怪獣ちゃうで。ペルシャ猫のプー君やで。




 中共分析したし、次は豪州かーとか思ってたら
:日本経済新聞

こんな記事が!!!
工エエェェ(´д`)ェェエエ工 見逃してた!
これえらいことですやんか。

そ、それなのに25日(火曜日)短期債の入札、27日にはスペイン政府による追加緊縮策内容発表(予定)と
来週スペイン関連イベントありますやんか・・・
来週指標あんまりええのないわーと思ってたのに!!!

ということで、25日の短期債入札

ラホイさんの状態
本人はヤル気満々、今までコツコツやってきたことが芽が出るに違いない、
資金調達が見えたと思いきや、何らかの邪魔が入る


スペインの状態
調子があがると思いきや、おじゃん。スペイン自体の価値も下がる。

わわわわ・・・
ということはスペイン債利回り上げですかな・・・今で短期債は3.18%か・・・
キーになる数字は 2か5か8なので

  1. 0.2で 3.38、+2で 5.38。

うーん・・・ 一応22日のニュースではスペインが

スペイン国債利回り低下、支援要請めぐる憶測で

だからなあ・・・一応、ユーロにはグッドニュースだけども・・・
 この23、24日でなんか転換点あるのかな、25日はほんとスペインにはよくない日に見えます。
17日からユーロは下がり始めてるので、転換日は7日目の23日。月曜日のマーケットに要注意です。

ちなみに
27日は
スペインは他国(トロイカ?)から手が差し伸べられる。
けど、ラホイさんの判断があやふや という日です。
どうなることやら・・・
助けはもらうけども緊縮策は受け入れない ってのはムリだもんなあ…


追記:結果

スペインとイタリア債は下落、入札で需要後退-ドイツ債軟調 - Bloomberg
ロンドン時間午前10時30分現在、スペイン2年債利回りは8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.11%。イタリア2年債利回りは7bp上昇の2.32%。
答えは8ベーシスポイントでした。

広告を非表示にする