Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

フィボナッチ数は偉大

ユーロドル 金曜日のチャート拡大版

黄色は昨年の高値安値
緑は今年の高値安値のラインです。

 フィボナッチ数とは、自然の中にある数字の比率で、いわゆる黄金率と言われているものです。
基本は8:5で出来ていて、チャートでは0%、23.6%、38.2%、61.8%、76.4%を使う人が多いみたいです。
大体、高値安値の上記のパーセンテージで止まったり、反転します。

 見ればみるほど自然の仕組みというのは面白い。