Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

FOMC 結局なにすんのん


 ペルシャ猫のプーくん。なかなかええ顔しはります。

あ、このスタッフさんの腕輪、私が作ったやつですー。どや!






どや!言うてる場合ちがうわ・・トホホ

 先日、FOMCを予測したのですが、見事外し、玉砕。
うううう。なんでやねん と 師匠のとこでもう一度検証してみました。
そんなしょうもない生徒のために、先生ええ人や・・・


「先日のバーナンキさんのやつなんですけどー。」

「会議が二日間あって、発表が13日だったから、中日の動向が一番影響及ぼすし、アメリカ時間だったら12日だと思って12日で計算したら、玉砕したー先生なんでー?」

「そんなんギリギリまで揉めてるかもしれんやん、発表のときの暦は」

「えっと・・・ あ・・・これやったら完全にやりますな、12日やったらまだ一ヶ月余裕あったのに・・・」

「大体前日の23時半ぐらいから次の日の影響あるから発表が23時近い場合は両方みたほうがいいよ。」

終了。
ということで、これから影響が大きい日であろうという予測はせずに、発表の時間ベースで分析しようと思います。
トホホ。

ということで、
今回バーナンキさんが発表したこと
ロイター

1 頑張って国債とか買ってるけど雇用よくならないよう・・・

2 政策金利はそのまま低いままな

3 雇用がよくなるまで住宅ローン担保証券MBS)を毎月400億ドル買うよ!
 MBSは超不良債権なんで、正直これってお金刷って市場に回してるだけやん・・

4 雇用よくなるまでガッツリ買い続けるぜ、よくならなかったら増額して買うぜ 

5 インフレになっても雇用のほうが大事だぜぇ

6 長期国債買って短期国債は売る ツイストオペはそのままやるよー。
 長期国債だったらお金返すまでの時間が長くなるからねー あと、お金の量を調節できるから。