Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

タイの猫さん

タイは、皆さん王様好き好き!な国で、歩道橋やら、看板やらに

「王様長生きしてね!」

と書いてあります。
しかも、アクセサリーもあるみたいで、
それにも
「王様長生きしてね!」

って書いてあります。

そんな王様が飼っている猫、それがカオマニー。
王様が飼ってる猫なので、門外不出なのです。
容姿は我がチャイ君を白くして、
目がオッドアイ(青×黄色)とかという感じ。
世界で一番美しい猫という噂。

で、早速行ってみました。


こんな感じでダラダラしています。

猫さんたちは広大な敷地(森)の中で
遊んだり走ったりしてるらしく、
ここの管理人のおじさん(王族出身、猫大好き)が
お客さんが来る時間になるとケージに順番に入れるそうです。

なんと、160匹とかいるのに全部名前を覚えてるそう!




目のパターンは
緑×黄色、黄色×青 青×緑、その左右違いなど
いろんなパターンがあります。

うーん。写真で見るとイマイチなんですが、
めっちゃかわいいんですよ。
本物は100倍ぐらいかわいい!

ワタシが猫喫茶に勤めていることを説明すると、
抱っこさせてくれました。
萌え〜。

猫さんたちは王様のお庭(敷地)で育っているせいか
人を疑うことをせず、
抱っこすると、「これでもか!」と甘えてきます。

なんというか、彼らのかわいさ(美しさ)というのは
庇護されているために
「汚いものを見たことがない」からなのかなぁ、
と思いました。

よく、他のブログにうちの白い猫もカオマニーかしらー。とか書いてあったのを
さっき見たりしたんですが、
ええ、普通の猫さんとはぜんぜん違うんです。

あの、例えはアレですけども、
たとえば美智子妃殿下をテレビで見たりすると
「あー。確かにきれいよねぇ。普通の人よりも。」

と思ったりするんですが、
生で拝見したりすると、

「ヲヲ、オーラが凄すぎる!これが本当に高貴さってやつですかね!」

と感心したりするじゃないですか。

ああいう、美しさがカオマニーさんたちにはありました。
今まで、カレン先生よりも美しい猫を見たことがなかったので
大変衝撃でしたね。

体型に無駄な脂肪は一切ございません。
(たぶん、管理人の感じのいいおっちゃんが運動させているからみたい)

また、東洋的な美しさというか、
弥勒菩薩的な体型にしみじみ見ほれてしまい、
タイ滞在はたったの2日しかないのにも関わらず
明日も行こうかしら・・・。と思いつめるほどでした。

入場料は一人日本円で1000円ぐらい=300バーツ
とお高いですが、
行く価値ありますよ。ええ、そのためにタイに行ってもいい!

ただ、バンコク市内と住所が書いてあったのにも関わらず、
街の中心から超遠いです。
しかもタクシーでないといけない場所だし。

なので、行かれる方は
ホテルのロビーかなんかでタクシーを呼んでもらって、
ドアマンさんの交渉力に頼り(遠すぎるのでタクシーは嫌がるんですわ)
ドアマンさんと運転手さんにチップをはずんであげてください。

街の中心から大体200バーツ+チップ100バーツで行けるはずです。
タクシーに乗ってから、携帯で電話をして道案内をしてもらえば完璧。

タイ王立キャッツパーク
タイ王立キャッツパーク --- THAI CATS (DIAMOND-EYE)PARK
住所: 69/20 Kridsada-Nakorn 16, Pingkaro-Nakorn Chaisri RD., Buddamonthon 3,
Thaveewattana District, BANGKOK 10170 
電話番号は089-765-6697(管理人のおっちゃんにつながります。タイ語と英語のみ。)
カオマニーについての詳しい説明

広告を非表示にする