読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

柔らかい殻 その2

 先日、懇意の整体師さんとお話をしていて、

「もみ返しが恐ろしくて、思いっきり施術ができないんよ」

という話になりました。
もみ返しというのは、施術を受ける際に、息を止めてしまい、筋肉が硬くなっている状態で筋肉が押されてしまうので、筋繊維が傷み、後日痛みが出る症状のことです。

「そりゃ、お客さんに、はい!息吸ってー。とか吐いてー。とか指導せなあかんよ。」

と私は「お客さんの教育」を提案したんですが、
どうも、歯切れが悪く。

「だって、お客さんはゴロンと横になって何もしないと思ってはるから、受けにくるのであって、自発的な努力が必要やったら来ないでしょ。」

とのこと。

うーん。日本人、そこまでものぐさになったか。
クラシックの音楽を聴くのと同様、事前に努力をして、コンサートに行かないと全く面白くないのと同じなんだがなぁ。ロックのコンサートだって、ちゃんと予習してからでないと、盛り上がれないじゃない??

全てはそれと同じで、
受け手と与え手の呼吸が合うかどうかというのは本当に大事だと思います。
6/18の記事のように、最近の日本製品は「お客のニーズに答え過ぎて、お客を甘やかしているもの」になっている気がします。
賢い消費者がいる国には賢い企業が育つ、またその逆もありなん。

ですから、「占い」に行く前にも「賢い受け手」になってから、行かれることをオススメしたい。でないと、印鑑かわされたり、墓石売りつけられたりしちゃいますよ。

ああ、もう一回この本読もうかなぁ。

「甘え」の構造

「甘え」の構造

「甘え」の構造 [増補普及版]

「甘え」の構造 [増補普及版]

甘えという意味の言葉は日本語にしかないそうですよ。


人気ブログランキングに投票