読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vive-hodie

日本初の猫カフェ「猫の時間」と 神戸元町の「モダナークファームカフェ」で鑑定している占い師のブログ。

ハンカチ王子、斎藤佑樹君ってどんな人?

 猫扱いがうまくなってきて、職にあぶれたら猫サーカスでもしようかと思っておる立花です。
 さて、ハンカチ王子、進学か、就職か記者発表される、ということで。個人的には進学なさったほうがええんではないかと。なんか、プロ辞めてから解説者の仕事をするときは大学卒のほうが有利らしいんですよ。といっても、まだ18歳ですからねぇ。
 それでは、早速見てみましょう。
斎藤君、魁劫(カイゴウ)の日に生まれております。壬辰。魁劫というと何かというと、60あるうちの4つは「ものすごく強い生まれ」で、人生闘いの連続だ、みたいなところでも、ケロっと乗り越えるタイプの人ですよ。こういう人って、強さが尋常ではないので、周りから浮いてたりすることもあるんですが。
壬辰ということは「水」の性格を持ちますから、頭がすっごくいいんですな。勉強的な面というよりも、どっちかというと、「人生の動かし方」について、智恵が働く。
 で、午未空亡。午未というと、方角で言うと南、季節でいうと夏。夏=華が足りないということです。本来は、あまり派手なことは好まないという性格です。この「空亡」=これが足りませんよ、というのを克服すると、格段に人生が前に進むというやつです。現在、ああやって、キャアキャア言われてるのは、実は彼の人生にとってプラスなんですねぇ。
 生まれ月は「戊午」。十二運*1は胎ということから、将来野球を職業にするとしたら、「異常に勘の鋭いピッチャー」になること間違いなしです。昔、江川さんが、次どんな球を投げたらいいかというのは、すぐ分かったと言ってましたが、そんな感じなんでしょうか。*2
 大運*3を見てみると、10-19歳、20-29歳で運気が変わっていきます。20歳からの運気のほうが強そうなんで、そうですねぇ、今、就職を選ばれるとしたら、エースになれるのは20歳以降、つまり、2年目のジンクスが終わってからですね。ということは、大卒で入ったほうが順調なんじゃないでしょうか。
 五行でみると、「金」=決断力とか、仕事に対しての信念とかが不足しているので、今、本人もかなり葛藤してるでしょうねー。進学か就職。

 本人の心境を易で見てみました。
「火風鼎」 これは煮炊きする器で三本の足で支えられているものです。三本足=周りの人がかなり彼に対して、フォローしている、という状態です。彼以外に2人の協力者(バックアップする人)が出てくれば、就職はうまくいくでしょう。ただ、「身体の調子」を万全にしてから(初爻)のほうがいいですね。

また、「火風鼎」は自分でやってく起業家向けの卦です。仕官=お勤めの方の場合は「遅く」願望が叶うという意味があります。

投票する!

*1:自分自身、社会に出ての自分、家庭内での自分に仮想精神年齢をつけるやりかた

*2:私は阪神ファンなんで、江川さんにはあんまりいい感情は持ってないですけど。余談

*3:10年ごとの運気